ワーキングホリデーでオーストラリアに行く条件

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く条件は、18歳から30歳まで、過去にワーキングホリデービザで入国していないこと、その他幾つかあります。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く条件

ワーキングホリデーはもしもチャンスがあるのなら多くの人に経験してほしいことです。

オーストラリアは留学するところとしても、旅行するところとしても、仕事をするところとしても、日本人が過ごしやすいことから人気の高い協定国の一つです。

オーストラリアのワーキングホリデービザを取得するにはどの様な条件があるのでしょうか?他の国のワーキングホリデーの場合も同様の条件があるので、ワーキングホリデーに興味のある人はぜひ知っておきましょう。

ワーキングホリデーのビザを取得できるのは日本国籍であり、申請時にオーストラリア以外の国にいなくてはなりません。

また、手元にあるパスポートの有効期限が滞在期間よりも長くなくてはならず、ワーキングホリデー協定締結国のパスポートを保持していなくてはなりません。

取得する年齢は下は18歳から上は30歳までしか取得することができません。

この年齢制限については、申請時の年齢、入国時の年齢、出発時の年齢と国によって異なりますが、オーストラリアの場合は申請時の年齢が18歳となります。

また、ワーキングホリデービザを取得して入国した過去がないこと、オーストラリアに1年以上滞在の意思がないこと、扶養家族の子供が同行しないことが一般的な条件になります。

その他、人物審査の基準を満たしていること、健康診断を受けて基準を満たしていること、滞在費の資金として5000豪ドルを保有していることなどがあります。

◎参考ページ…>(URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/working_h.html