ワーキングホリデーでオーストラリアへ行った場合の仕事

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く場合、日系の飲食店やツアーガイドなど日本語を活かせる職場がお勧め、現地のフリーペーパーなどで求人が探せます。

ワーキングホリデーでオーストラリアへ行った場合の仕事

ワーキングホリデーといえば、その名前からもわかる様にこのビザでは、滞在先の国で働くことが許可されています。

ワーキングホリデーの協定国の中でも人気のオーストラリアの場合、現地ではどの様に仕事探しをして、そして、外国人ではどんな仕事をすることができるのでしょうか?ワーキングホリデーに行く人は、その全ては英語能力が長けているとは限りません。

現地で語学を学んだ後に仕事をするという人もいると思いますが、一般企業であった場合は、相当の英語能力がないと働くことは難しいので、主にオーストラリアでできる仕事とすれば、飲食店、免税店、日系食品店/雑貨店、ツアーガイドなどで日本語が活かせる職場がお勧めです。

今や世界中に日本に関連しているお店がたくさんありますので、意外と馴染みやすい職場を見つけることができるといえます。

勝手は多少違えど、見覚えのあるメニューや商品を取り扱うとなれば、何となく自信も持てますよね。

日系の仕事を考えているのであれば、シドニーなどの中心地、もしくは日本人の観光客がよく集まる様なゴールドコーストの様なリゾート地周辺を考えてみるといいでしょう。

英語に自信がある人は、日系に捉われず、実力を活かせる仕事を探してみましょう。

では、どの様にしてオーストラリアの求人を探すのかといえば、各地にある日本語のフリーペーパーや日本人向けの求人サイトなどを活用しましょう。

日本語で求人情報を知ることができるし、現地の日本社会の情報であれば、日本人が経営しているということもありますので探しやすく安心といえるでしょう。